キラメキテラス ヘルスケアホスピタル

病院概要 TOP

guidance

院長挨拶

一気通貫な医療提供を目指して

この度、2022年4月1日より、キラメキテラスへルスケアホスピタル院長に就任した上村章と申します。

当院は、昨年2月1日に開院し1年が経過しました。『100日間を通して、やさしく包まれる病院』をコンセプトに、回復期リハビリテーション病棟35床、地域包括ケア病棟37床、地域一般病棟17床、医療療養病床109床を備え、リハビリテーションや人工透析などを中心とした入院医療だけでなく、一般内科外来、消化器内科や循環器内科などの専門外来を加えた外来医療を提供しております。また、昨年6月に新設したトータルウェルネスセンターでは、各種健診・人間ドックなどに対応しており、未病予防領域にも力を入れております。
複合施設キラメキテラスでは、当院だけなく、高度急性期・急性期医療を担う“いまきいれ総合病院”が隣接し稼働しており、日頃から連携し診療にあたっております。キラメキテラス全体で、健診などの未病予防領域から、救急治療などの高度急性期・急性期医療、リハビリテーションや療養といった回復期・慢性期医療まで一気通貫に提供できる体制を構築しております。また、当院は病院機能評価認定病院・慢性期認定病院として、機能の継続・充実を図り、更なる「医療の質の向上」を目指し、より安全・安心で確実な医療を提供し、地域の皆さまに必要とされる病院を目指して参ります。

さらに、『医療人としての感性』を大切にし、働きやすい職場、やりがいのある職場、人を育む職場環境作りに努め、『良き社会人』として将来性のある医療人の更なる育成にも力を入れております。

今後とも、地域の方に必要とされ、地域の方から選んで頂ける病院を目指し、職員一丸でより一層精進して参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

キラメキテラスヘルスケアホスピタル院長 上村 章

ご案内