キラメキテラス ヘルスケアホスピタル

回復期リハビリテーション病棟

reha-recovery

回復期リハビリテーション病棟の御案内

回復期リハビリテーション病棟とは?

急性期医療を終えた患者さまに対して、残された機能を最大限に活用して、住み慣れた地域で『障害と共に新しい生活をつくる』という考え方を基本に、患者さま等の視点に立ち、リハビリテーションの提供を中心にスタッフ全員がチームとなりサポートさせて頂く病棟です。

施設基準・対象疾患・入院期間

入院基本料

回復期リハビリテーション病棟入院料1

その他基準

  • 脳血管疾患リハビリテーション料(1)
  • 運動器リハビリテーション料(1)
  • 呼吸器リハビリテーション料(1)
  • 集団コミュニケーション療法料
  • がん患者リハビリテーション料(1)
  • 認知症ケア加算2
  • 地域連携診療計画加算
疾患 期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷
くも膜下出血のシャント術後脳腫瘍、(急性)脳炎、脊髄炎
多発性神経炎、多発性硬化症、
腕神経叢損傷等の発症または手術後、
義肢装着訓練を要する状態
150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、
重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷
180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節または
二肢以上の多発骨折もしくは手術後
90日
外科手術または肺炎等の治療時の安静により
廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態
90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは
膝関節の神経、筋または靱帯損傷後
60日

当院の特徴

当院は透析患者さまも多く受入れ、リハビリテーションを提供すると同時に透析管理についても指導をさせて頂き、住み慣れた地域での生活へ繋ぐサポートを行っています。

入院から退院までの流れ

入院相談(判定)
入院

入院当日の医師診察に関係職種が同席し、患者さま等と一緒にこれからを考えていきます。

カンファレンス

入院5日以内・月1回以上開催し、リハビリテーションの進捗状況把握・問題点の抽出を行い、今後のリハビリテーション提供内容・治療方針について検討します。

家屋調査

住環境を確認させて頂き、身体機能に応じた環境設定の提案ならびにリハビリテーション内容の見直しを行います。

試験外出・外泊

御自宅での状況を確認させて頂き、訓練内容の変更・追加を検討すると同時に、【調査票】を用いた御家族への介護・栄養・服薬指導等を行います。

退院前カンファレンス

患者さま等へも出席頂き、当院関係職種ならびに退院後に関わる事業所・職種でこれからの生活を確認する時間になります。

退院

職員配置

入院料1 当院
医師 専任常勤1名以上 2名
理学療法士 専従常勤3名以上 6名(専従3名)
作業療法士 専従常勤2名以上 5名(専従2名)
言語聴覚士 専従常勤1名以上 2名(専従1名)
社会福祉士 専任常勤1名以上 2名(専任2名)
管理栄養士 専任常勤1名以上
(努力義務)
1名
臨床心理士   1名
  • リハビリテーション専門医が常勤・非常勤が患者さまをサポートします。
  • 整形外科医が非常勤として、週2回(月木)で患者さまをサポートします。
  • 義肢装具士が非常勤として週1回(水)で患者さまをサポートします。

回復期リハビリテーション病棟運営委員会

毎月第1金曜日に関係職種を招集し、回復期リハビリテーション病棟の問題点または課題について議論しております。現状に満足せず、回復期リハビリテーション病棟を向上させる為に関係職種一丸となって日々努力しております。

ご案内