キラメキテラス ヘルスケアホスピタル

リハビリテーション

rehabilitation

リハビリテーション専門医のもと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の充実した配置とチーム医療により、回復期病棟・地域包括ケア病棟・療養病棟・外来通院の患者さまや訪問リハビリ・通所リハビリの利用者さまへ一人ひとり最適なリハビリテーションの提供に努めています。

リハビリテーション室の理念

我々は病院理念である『目配り、気配り、気付きの心』の医療人としての感性を磨き、リハビリテーションを必要とする全ての方々が障害を最小限に抑えて残された能力を最大限に活かし、住み慣れた生活の場に戻れるよう、リハビリテーション治療に専念し、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士そしてかかわる他職種のシームレスな連携のもと最適なゴールへ向けて在宅復帰を支援いたします。また、セラピストの職責を通して、ヒューマンライフラインの一員として地域の方々への社会貢献に努めます。

リハビリテーション提供体制

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 廃用症候群リハビリテーション料Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
  • がん患者リハビリテーション料
  • 集団コミュニケーション療法料

業務時間

  • 午前 9:00~12:00
  • 午後 13:00~17:30

回復期病棟365日体制

スタッフ

理学療法士 33名
作業療法士 24名
言語聴覚士 11名
リハビリテーション専門医 3名
義肢装具士 1名
鍼灸師 1名

理学療法部門

病気、けが、障害などによって運動機能が低下した状態にある患者さまに対し、運動機能の維持・改善を目的に運動療法や温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて治療を行います。直接的な目的は運動機能の回復だけでなく、日常生活動作(ADL)の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上をめざし、最適なリハビリテーションの提供に努めております。当院では麻痺などに対して、身体機能の回復を目的にEMS(電気刺激療法)や促通療法を実施し、定期的にリハビリテーション専門医の装具診や、積極的に装具療法を取り入れて早期に歩行訓練を実施することで、最大限の機能回復を目指します。また、病院内には珍しく義肢装具士を配置することでタイムリーな義肢装具の作成・調整が可能です。透析室と連携して透析中でのリハビリテーションへも取り組んでおります。

作業療法部門

心身機能の回復、維持、あるいは低下を予防する手段としての作業の利用と、その作業自体を練習し、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われ、作業に焦点を当てた治療、指導、援助をしております。トイレ・入浴・食事等の日常生活動作や家事・買い物等の生活行為全般や、達成するための環境への働きかけも含む最適なリハビリテーション提供に努めております。当院では福祉用具の選定や義肢装具士の協力で自助具や介助補助具の改造・修理への対応も行っております。脳血管障害・高次脳機能障害等の患者さまの希望者の方を対象に自動車運転再開支援や職場復帰の取り組みも行っております。また、上肢の麻痺に対して、最先端のリハビリテーション機器を導入することで最大限の機能回復の支援をしております。

言語聴覚療法部門

脳血管障害等で話す際に呂律がまわらない構音障害や、「聞く」「話す」「読む」「書く」が障害される失語症などによることばによるコミュニケーションの問題や食べ物や飲み物が上手く呑み込めなくなった摂食・嚥下の問題にも専門的に治療、訓練、指導、助言、援助をしており、個々の患者さまの症状に合わせた最適なリハビリテーション提供に努めております。当院では積極的に経口摂取の再獲得に向けて、VF(嚥下造影検査)やVE(嚥下内視鏡検査)での評価を実施し、リハビリテーション専門医・管理栄養士・看護師などと連携して口から食べる支援を行っております。また、作業療法士と協力して、自動車運転再開に向けての支援をします。更に、訓練中に対話支援システムを利用することで聴覚への刺激を増やすリハビリテーションへの取り組みをしております。

リハビリテーション室の取り組み

リハビリテーション科専門医によるリハビリ回診

当院には3名のリハビリテーション専門医が配置され、リハビリテーション回診を実施しております。リハビリ回診には主治医・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・薬剤師・医療ソーシャルワーカー・公認心理士・管理栄養士などの専門職が参加して、患者さまの情報共有・意見交換を定期的にすることで、一人ひとり最適なゴールへ向けて退院までの支援をしていきます。リハビリテーション専門医による専門的な視点での治療やアドバイスを受けることができるので入院中も安心してリハビリテーション治療に専念できます。

リハビリテーション室の取り組み

モーニング・イブニングリハビリ

患者さまの必要に応じて、朝7時半から「モーニングリハビリ」と夕方5時半から「イブニングリハビリ」をしています。着替えや整容、食事やトイレでの排泄などの生活行為を、実際の生活場面で練習することでしっかり身につけます。生活の中で実践的に練習することで課題が明確になり、退院後の生活に向けて具体的な取り組みができます。また、リハビリの効果をあげるためには、1日を通して安定したリズムが必要であり、入院前の生活のリズムに合わせる為に可能な限り洋服に着替えて日中過ごしていだく取り組みもしております。病棟生活では何でも手伝うのではなく、患者さまの能力を引き出すようにすることで自立を目指すようなサポートをさせていただいております。更に生活場面でリハビリ治療をすることで病棟スタッフやご家族への介助方法指導も徹底して行っております。

モーニング・イブニングリハビリ

透析中リハビリテーション

CKD(慢性腎臓病)患者さまは、これまでの運動制限や安静の治療方針が見直され、今日では適度な運動が推奨されています。運動の効果としては、患者さまのQOL向上、身体機能の維持増進効果の他、腎保護作用なども報告されています。また、近年、病気が進行して人工透析となった患者さまにも運動の恩恵は大きいとして、透析時に運動療法を提供する施設が増えています。当院では2012年から透析室のベッド上で行う下肢のストレッチ、おもりバンドやゴムバンドを装着してのレジスタンス運動である筋力トレーニング、エルゴメーターを使用した有酸素運動、筋収縮を促すEMS(電気刺激療法)を実施しております。

透析中リハビリテーション

最先端のリハビリテーション機器導入

最先端のリハビリテーション機器導入
脳血管疾患、整形疾患などによる上肢機能障害の患者さまを対象に、電気・振動刺激を併用しながら上肢の自動運動の反復運動をサポートする最先端リハビリテーション機器を導入しました。6つの訓練パターンから最適なリハビリテーション治療を提供致します。最新リハビリテーション機器導入とエビデンスに基づくリハビリテーションの提供体制を構築できるように心掛けております。

対話支援システムによる聴覚リハビリテーション

対話支援システムによる聴覚リハビリテーション
対話支援システムであるユニバーサルサウンドデザイン社の『COMUOON®(コミューン)』を積極的にリハビリテーション場面に応用利用しています。特に言語療法において、難聴患者さまへ使用し、脳への刺激を促すことで脳活性化を図る取り組みをしております。

義肢装具士配置

義肢装具士配置
当院は装具作製の専門職である「義肢装具士」を1名配置しております。装具とは、麻痺などの障害に対して効率的な運動療法(装具療法)を行うために必要な治療用器具のことで、患者さま一人ひとりに合わせてオーダーメイドで作製します。
当院では、リハビリ室内に義肢装具スペースを設けておりますので、装具の作製や修繕などのニーズにスピーディーに対応し、回復段階に合わせた微調整や再作成への対応など最適な装具をタイムリーに提供することを心掛けております。
更に退院したあとも定期的に装具のメンテナンスを実施し、訪問リハビリや通所リハビリのスタッフと連携しながら在宅での生活を支援しております。

自動車運転再開支援

自動車運転再開支援のリハビリテーションとは 脳卒中などのご病気で運転に必要な認知・予測・判断能力などに障害を負われた方が、安全に自動車に乗ることができるかを作業療法士及び言語聴覚士が行う高次脳機能障害の評価を行い、必要に応じて提携しているドライビングスクールでの実車評価をした上で、リハビリ専門医が可否判断の助言を行うものです。
当院では入院患者さまに対して退院までの間に運転再開の可否判断の助言を含めた支援を行っております。
尚、脳卒中などのご病気になった後は、運転を再開する前に警察署・運転免許センターで臨時適性検査を受けなければなりません。検査を受けず、事故などに巻き込まれた場合、過失を問われることがあるのでご注意ください。

外来部門

自宅退院された患者さまや入院を要さずともリハビリテーションが必要であると医師が判断した患者さまに対して訓練・指導を実施致します。入院患者さま同様にリハビリテーション専門医からの指導・助言や義肢装具士が装具等の調整・修理にタイムリーに対応します。患者さま一人一人の症状に合わせた最適なリハビリテーション提供に努めております。

在宅部門

訪問リハビリテーション

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が利用者さまのお住まいを訪問し、生活の場においてリハビリテーションを行うことにより日常生活動作の維持・向上を図ります。
ご家族、ケアマネージャー(介護支援専門員)、地域包括支援センター、地域の保健・医療・福祉サービス機関等との綿密な連携を図り、一人一人の生活目標に合わせて利用者さまの生活の質の向上を目指します。リハビリテーション専門医からの助言や義肢装具士の訪問リハビリ同行も可能で、装具等のアフターフォロー体制も充実しています。

サービス提供日

サービス提供日 月曜日~金曜日(日・祝・年末年始12/31~1/3休み)
営業時間 8:30~17:30
実施地域 鹿児島市内(要相談)
対象 要支援(1~2)・要介護(1~5)と認定された方
主治医が「訪問リハビリテーションが必要」と認める方
スタッフ 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

ご案内

ページアップ