お知らせ NEWS

アイキャッチ

新病院移転~地域医療連携センターの展望

2020/11/12

「地域に開かれた医療機関」構築に向けて 地域医療連携センター主任:中野

2021年2月、堀江町から高麗町へ移転し、『キラメキテラスヘルスケアホスピタル』として新たな道を歩み始めます。地域医療連携センターの役割である「地域に開かれた医療機関」構築に向け躍進して参ります。
診療報酬改定を経て、当院の機能も年々変化しています。新築移転を機に回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病床を増床することになります。様々な問題を抱えた、患者さま等を生活されていた環境へ導く【お手伝い】を各連携機関と今まで以上に密な連携を図らせて頂きながら、実現することが出来たらと考えます。
私達の役割は、誰かの『辛』を支援させて頂きながら『幸』に変えていく事だと思っています。少しでも多くの『幸』を生むことが出来る様に尽力していきます。
当院の地域医療連携センターは、医師・看護師・社会福祉士(精神保健福祉士・介護支援専門員・相談支援専門員の資格所有者含む)・事務職員等で構成され、入退院支援部門・(患者)相談窓口部門の2部門に分かれています。

入退院支援部門

様々な知識や経験を基に、院内の専門職と連携を図りながら、患者さま等が望まれる環境へ戻れるように共同で支援させて頂いています。また、外部の専門職と院内の専門職との繋ぎ役を担い、患者さま等が主体のTEAMでBESTでありBETTERな環境への退院を支援させて頂いています。



 

(患者)相談窓口部門

医療メディエーター講習を受講した職員(院内に4名在籍)を配置し、院内の専門職との連携を図っています。当院に関わる患者さま等に限らず、地域の方々が気軽に立ち寄れ、相談事を躊躇なく話せる環境作りに努めています。

未来を担う子供達・後継者の育成に貢献します。

中高学校の要請を受け、職場体験学習の受入や出張講座を実施した実績があります。職場体験学習においては、介護体験だけではなく、医療現場に携わっている専門職になる為の道筋や役割についての講話等を企画して取り組みを行っており、これからも創意工夫して子供達をサポートさせて頂く事が出来たらと考えています。

医療法人 玉昌会グループ
  • 高田病院
  • 加治木温泉病院
  • 鰺坂クリニック
  • しあわせの杜
  • かずみ保育園
  • 株式会社JOY
  • WellBe Club